Boost!

本(ビジネス、科学、経済など)

ネット階級社会──GAFAが牛耳る新世界のルール

インターネットは色々な産業を壊してきた。職業も。
それまで食えてきた人がネットの普及と共に食えなくなったのだ。

本書ではネットとその上で莫大な利益を上げ続けるGAFAの責任を問うている。
新聞が死にかけて、雑誌もWEB上で辛うじて生き延びようと藻掻いている。
そして写真家は廃業し、多くの若者の憧れだったミュージシャンという職業で金持ちになることはほぼ不可能になっている。

衝撃的な数字が載っている。
トーキング・ヘッズのデビッド・バーンが言う。
メンバー4人がアメリカの最低賃金約150万円を稼ぐにはSpotifyで2500億回再生されなければならないと。
この手のストリーミングサービスがほとんどミュージシャンに還元していない事、YouTubeが広告費の約半分を天引きすること、しかもその広告費自体が非常に安い事・・つまりもうミュージシャンはどうやっても楽曲で稼ぐ事は無理なのだ。

ネットの弊害とその犠牲になった産業を網羅的に検証し、GAFAなどのIT企業の責任を問う本です。
読み進めていく内に我々はネットでなんでも無料で手に入ると喜んでるがその裏で大事なものが沢山死んでいる事に気づくであろう。

業界最安値の結婚相談所FC-最先端のマッチングサイト完備

人気の記事

カテゴリー

関連記事

テキストのコピーはできません。