Boost!

WordPressプラグイン-目次を自動作成「Table of Contents Plus」

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

目次を自動的に作成してくれる「Table of Contents Plus」

文章を書く時にhタグを入れたら自動的に目次を作成してくれるプラグイン「Table of Contents Plus」です。

設定画面

目次のデザインを選ぶ位で後はデフォルトで問題ないと思います。
この画面の例だと見出しが3つ以上ないと目次は作られないという意味です。

使用例

下記のスクリーンショットはうちのブログでの使用例です。

ここで「どうして目次が一番上じゃないの?」と気づいた人は観察力が凄いです。

上級者向け設定

実は上級者向けという設定がありまして・・

h1にチェックを入れていません。
上記の例では紫色地の「ブログを作ろう-4.独自ドメイン~」の箇所がh1タグで囲まれています。
だからここはすっ飛ばしてh2タグで囲まれている「独自ドメインのメリット」以降が目次の対象となっているのです。

そもそもタグの意味がわからない方へ

ところで今までアメブロなどの無料ブログしか書いた事がない人の中には「h1タグ」とか「h2タグ」って何の事?と思われる人もいるかと思います。

WEBサイト、ホームページ、ブログなどは基本的にhtmlというマークアップ言語で記述されています。

<h1>見出し1</h1>

<h1>が命令の始まりで</h1>のようにスラッシュが入ってるのが命令の終わりなんです。
これで囲まれた「見出し1」というテキストをh1、つまり見出し1のレベルにしなさいという意味なんですね。

ちなみh1からh6まであります。
h1が大見出しで通常は一つのページで最初に1回だけ使います。

多分ここまで読んでも使い方がイマイチわからないという方もいらっしゃるかと思います。
このhタグを使うのに便利なプラグインがあります。
それについては次々回に書きたいと思います。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

テキストのコピーはできません。