Boost!

WordPressプラグイン-定型入力を登録して使える「AddQuicktag」

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

定型入力を登録してワンクリックで呼び出せる「AddQuicktag」

ブログを書いていたら毎回決まった文章とか入力することって結構あります。
文章だけじゃなくて広告のタグとかもありますよね。
いちいちコピペするのも面倒。
じゃあよく使うものは予め登録しておけばワンクリックで呼び出せるのが今回紹介する「AddQuicktag」です。

使用画面

今回は設定画面を見せる前に・・

「テキスト入力画面」

ボタンの中で「LINE」とか「XSERVER」とかあるのはこのページの冒頭のように広告を挿入したりLINEのいいねボタンを配置するものです。

実はですね、こういう面倒臭い事を毎回しなくてもWordPressのテーマによってはちゃんと任意の場所に自動的にコードを挿入できるものもあります。

私が運営するブログの中でもそういう多機能なテーマを使ってるものでは実はこんなボタンは作っていません。

じゃあ、どうしてこのブログではそういう面倒な事をやってるかというと「他の用途(=ショッピングサイトのWooCommerceに最適化している)」を最優先した為なんです。

つまり何でもかんでも万能なテーマというのは存在せず、何かを取れば何かを諦めざるを得ないのです。

設定画面

では設定画面です。

右側のチェックリストはどこで有効にするか?という事で「投稿」「固定ページ」とか使いたいものにチェックを入れます。

左側の上、今「LINE」になってるところにボタンとして表示される名前を入力。
その右横の上下の枠に開始タグと終了タグを入力します。

「開始タグ?終了タグ?」という人は前々回の記事を見てね。

拡大画面です。

この「LINEのいいね」みたいにボタン一つで完結するものは開始タグに全部入力すればOKです。

前々回の記事で説明した見出しをつける為のh1タグなどの場合は開始タグを打って、その後に文字を入力、そして終了タグという流れになります。

ちなみにうちの場合は
「h1タグ」の表示例

「h2タグ」の表示例

「h3タグ」の表示例

・・とこのようにデザインを変える事で段落を識別しやすくしています。

これらは登録画面では・・

入力時には最初は・・

こういう画面だったのが例えばh1ボタンを押すと・・・

h1のタグが自動的にスラッシュ入りの終了タグに変わって待機しています。

この「AddQuicktag」を使えば定型文はワンクリック、タグもツークリックで入力できるので文書作成の効率化に大変役立ちます。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

テキストのコピーはできません。