Boost!

もう店舗は要らない

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

これからの時代はますます店舗というものが不要になってくる。
そもそも店舗を構えるというのは非常にコストが掛かる。
高い保証金を払い、内装と外装にお金を掛け、毎月高額な家賃も要る。
そして当然の事ながら常駐するスタッフの人件費も。

つまりスタート時点で大幅なマイナスから始めなければならない。
これだけのコストを掛けたにも関わらず最近の消費者はネットで注文するのを好む。
何故なら店舗は上記のようなコストを上乗せしなければならないので無店舗販売のネットショップに価格では太刀打ちできないからだ。

店舗にはそれ以外にもリスクが多い。
万引きに内引き、スタッフによる売上金の横領などもある。
あと子供が店内のモノを破損させたり、クレイマーが騒いだり、飛び込みのセールスが邪魔したり、とにかく煩わしい事のオンパレードだ。防犯カメラなどの設置も必要で管理コストがとてつもなく高い。

オンラインショップでモノを売るのはここまで挙げてきた数多くの問題の大部分を解決してくれる。
勿論100%良いこと尽くしという訳ではない。写真と実物ではやはり印象が違うので客側は不安に思う事もある。
Amazonや楽天ならともかく単独のオンラインショップだと信頼性を疑われる事もある。
それと当然の事ではあるが送料が高くつくというのが最大のネックだ。
あといくら届くのが早くなったとはいえ、店舗で買ってそのまま持って帰るよりは時間が掛かるというのも人によっては気になるだろう。コンビニにで受け取れるサービスは個人的には素晴らしいと思うのだが業者によっては対応していないところの方が多い。少額の商品だと送料や決済手数料を含めて考えると近場の店舗で買う方が安い。

このようなデメリットもあるもののプラスマイナス差し引きするとやはり、オンラインショップには少なくとも売り手側にとってはメリットの方が大きい(買い手側にとっては商品によって得と損が分かれると思う)。

ここまで論じてきたのはあくまでも物販に関してである。
飲食店や各種サービスなど店舗が必須という業態も多い。
しかしマッサージやエステ、スポーツジムといったリアルな場の提供を必要としないものに関してはこれからどんどんEC化が進むであろう。故に現在は店舗のみで運営しているところもオンラインショップに試験的にでもいいので取り組んでおくべきだ。スタッフがアナログしかわからないという状況では数年後いきなり危機が訪れても不思議ではない。

今ではオンラインショップ自体はほとんどコストを掛けずに始める事ができる。
勿論始めてすぐに売れる訳ではない。
そのオンラインショップへの導線が必要だからだ。
そこで初めてメディア戦略の重要性に気づく事になる。
この辺りに関しては別途書く事にします。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

テキストのコピーはできません。