タイミングが全て

エッセイ・コラム

 

https://lastscenecom.tumblr.com/post/181760912753/仮想通貨界隈でも最も多くの利益を手にすることができたのは2016年末から2017年にかけての時期に参

昨日、メルカリが英国事業からの撤退を発表した。売上がたったの43万円だったのに対して損失は10億円を越えていた。
国内で最強のメルカリも勝手が違う海外ではこのような有様である。何もメルカリだけではなく楽天もヨーロッパからは撤退している。

つまり彼らは何も万能の成功法則を持っている訳ではない。
国内ではたまたま全ての条件が揃ったので成功して海外ではそうではなかっただけである。

成功は様々な条件が揃わないと実現しない。特にタイミングは重要だ。競合がデファクト・スタンダードになる前に最適な戦略で倒して後はつけ入るスキを与えない。

昨日読んだ本にも同じように成功にはタイミングが最重要だと書かれている。

Facebookが誕生してすぐの頃、もっと機能が充実したSNSが存在した。しかしそれこそが敗れた原因だった。つまりToo Muchだったのだ。ユーザーが慣れてくるタイミングで新機能を追加したフェイスブックの戦略こそ正しかったのだ。

Winner takes allの世界ではいいモノを作った者が勝つとは限らない。そして敗者に残念賞はなく何も得られない。今生きてるのはそういう時代なのだ。

三国志の諸葛亮が劉備に仕える事が水鏡先生に「時を得ていない」と予言されているシーンです。このドラマは人生の教訓が沢山得られるので超オススメです。