断れないオファー

エッセイ・コラム

やはりビジネスで一番大事なのは「断れないオファー」をすること。
ゴッドファーザーのドン・ヴィトー・コルレオーネが言った

I’m gonna make him an offer he can’t refuse.

これを全てのビジネスパーソンは胸に刻んでおくべきですね。
もっともゴッドファーザーの場合は脅迫ですけど。

相手が「これはお得すぎて断るのなんてあり得ないでしょう!」と思える位の提案をする。
勿論最終的にはこちらも利益をあげなければならないので最初は赤字でも後で辻褄が合うように組み立てないといけない。

昨今カスタマーサクセスが重要視されてきたように、顧客が利益を上げればこちらもおこぼれにあずかる事ができる。
顧客にとってこちらの提供する商品・サービスが重要ならば、提供側の事業継続性も気になるのでむしろ「ちゃんと儲けて商売を続けてくれないと困る」という訳だ。

「相手に先に儲けさせる」
そうすれば相手は感謝してくれてこちらにもちゃんと利益が出る。
そういうビジネスモデルをいくつ生み出せるかが勝負の分かれ目です。